在庫処分サイトの見極め方

法人買取サイト

在庫処分のお手伝いを行うサイトはいくつか存在します。
しかし一概に「在庫処分サイト」といっても、内容は様々です。

仲介型在庫処分サイト

もっとも多いのが「仲介型」の在庫処分サイトです。
このタイプのサイトは、実際にはサイト運営会社が買取を行うことはほとんどなく、登録もしくは独自のネットワークで依頼のあった在庫処分にマッチする業者を紹介しています。

◎メリット
全国対応していることが多く、地域を選ばず処分の依頼を行うことができます。
また登録もしくは独自のネットワークで依頼に適した買取業者が対応できます。

✕デメリット
実態が不透明なことが多く、結果的に自社の在庫がどのように流通するか、特に初めての取引では不安になる可能性があります。
仲介手数料が発生することから、業者との直接の取引と比較すると買取金額が下がりがちです。

オークション・フリマ型在庫処分サイト

最近ではメルカリの成功を受けて、業者専用フリマサイトなども登場していますが、以前からネット上だけで取引できるオークションやフリマ型の在庫処分サイトは存在しています。

◎メリット
直接取り引きができるため、結果的に買取金額が高まる可能性があります。

✕デメリット
直接の取引が故に適正な金額が分からず、本来よりも低く売却してしまう可能性があります。
また、直接の取引にあたって商品詳細情報のサイトへの登録や、商品の移動の手配など、担当者の負担は最も重いものになります。

専門型在庫処分サイト

アパレルなどで多いのが専門型の在庫処分サイトです。
ブランドタグを切り取ったりすることで、メーカー品やアウトレット品・サンプル品などの処分ニーズにも応えているサイトもあります。

◎メリット
アパレル独特の業界事情に合わせて、在庫処分が可能

✕デメリット
トレンドやデザインなどで取引ができないことがある
アパレル品以外は対応ができない

「キンブル」という選択

愛知県下に4店舗展開する自社運営のディスカウントショップにより、大量販売を実現。

仲介がメインの在庫処分サービス他社とは異なり、自社直販のため、好条件で買取・処分が可能です。

その店舗の活況ぶりは、東京キー局のテレビ取材も多数実績あり。

創業71年の実績で、地域のお客様から大変支持をいただいております。
また、チラシ・広告を一切行わないため、メーカーやブランドの安売りの情報が出回ることがなく、シークレットマーケット的に処分することが可能です。

まずはお気軽に「キンブル」まで、お問い合わせください。

買取事例一覧へ戻る