スマホグッズの在庫処分

スマホ用品買取

毎年のように新機種が販売されるスマートフォン。
それに合わせて様々な周辺グッズが販売されます。

・スマホケース
・スマホ保護フィルム
・モバイルバッテリー
・イヤホン
・クリーニンググッズ
などなど。

しかし半年から1年単位でモデルチェンジすることから、これらの在庫を適切に仕入・販売することは、とても困難です。

また、ケースやフィルムによっては商品の品質が実際に使ってみないと本当に分からないものが多く、サイズが違ったり、使いにくかったりなど、仕入れた後に難があることが分かることも少なくありません。

そしてこれらの商品は対象がそのスマホの機種を持っているお客様に限られるため、セールを行っても売れ行きが大きく伸びることは期待できません。

そのため、最初の仕入と初動の売れ行きが、非常に重要です。

もし仕入れた後の売れ行きが不調だったら、先のとおりセールをしても改善は望めないため、セール以外の方法を確保しておくことをオススメ致します。

自社処分ではなくキンブルという選択

愛知県下に4店舗展開する自社運営のディスカウントショップにより、大量販売を実現。仲介がメインの在庫処分サービス他社とは異なり、自社直販のため、好条件で買取・処分が可能です。

その店舗の活況ぶりは、東京キー局のテレビ取材も多数実績あり。
創業71年の実績で、地域のお客様から大変支持をいただいております。
また、チラシ・広告を一切行わないため、メーカーやブランドの安売りの情報が出回ることがなく、シークレットマーケット的に処分することが可能です。

まずはお気軽に「キンブル」まで、お問い合わせください。

倒産後の破産管財人の方からのお問い合わせも承っております。

買取事例一覧へ戻る