化粧品の在庫買取

卸問屋さんの取扱商材の中でも、返品への対応が難しいのが「化粧品」ではないでしょうか。

厳しい販売の実態

化粧品はごく一部の定番商品を除いて、トレンド性が非常に高く、季節ごとに新商品が追加される競争の激しい商品です。そのため、メーカーから強力な販促計画の元、小売店へ販売しても、厳しい消費者の目にさらされた結果、思うように売れないこともしばしばあります。

卸問屋ならではの商習慣

こうした場合、次の新作商品の注文数や条件によって、旧製品の返品に応じるのが業界の通例となっています。
安易にセール品とせず、店頭から速やかに引き下げることで、同メーカーの商品の価格や価値を毀損することなく、次の新商品売り込みに集中できるメリットがある為でもあります。

返品が抱える様々な問題

一方で、一度店頭に並んだ商品を含む大量の、それもトレンドから外れた商品を処分することは、極めて困難です。
店頭に並んだ商品ですから、店舗の売価ラベルが貼り付けられているものもあれば、汚れや傷みがあるダメージ品も混在しています。

こうした商品でも、キンブルであれば買取ご相談に応じております。

また、販売エリアが愛知県に限定され、チラシや広告を打たずに集客・販売できる直営の店舗を持っていることから、シークレットセール的に処分することができますので、メーカー様のブランド価値毀損もありません。

法人買取のお問い合わせはこちらから

(法人問い合せへのリンク)

買取事例一覧へ戻る