法人買取サイト
在庫処分サイトの比較 自社の不良在庫を売るならどのサービスが良い?仲介/代行/フリマ

法人様・個人事業主様問わず、永遠の課題とも言える「過剰在庫」「不良在庫」の処分。
そこで実際に「在庫買取」「在庫処分」とネットで検索すると…多数の会社が表示されます。
しかし一概に「在庫処分サービス」といっても、実態は様々

そこでこのページでは、「在庫処分サービス」の形態をついていくつかの種類に分類し、ご自身の在庫処分方法の希望に沿ったサービスを見つけられるようお手伝いします。

1.仲介型在庫処分サイト

もっとも多いのが「仲介型」の在庫処分サービスです。

このタイプのサービスでは、実際にはサイトの運営企業が直接買取を行うことはほとんどの場合、ありません。

「仲介型」ですので、

“在庫買取を希望する業者が、サイトへ登録している運営会社の独自のネットワークで、在庫処分の依頼のあった内容にマッチする在庫買取業者を紹介する”

というサービスを提供するものです。

◎ 仲介型業者のメリット

登録している在庫買取業者へ仲介することから、全国対応を行っていることが多く、地域を選ばず処分の依頼を行うことができます

また、独自のネットワークを構築することにより、依頼内容に最も適した在庫買取業者が対応してくれる可能性が高いです。

✕ 仲介型業者のデメリット

サイト運営の実態や実際の在庫買取業者が不透明であり、最終的に自社の売却した在庫がどのように流通するか、不確定です。特に初めての取引では不安になるかもしれません。

また、サイト運営会社と在庫買取業者の間に仲介手数料が発生することから、在庫買取業者と直接取引した場合と比較すると、ご自身が受け取ることになる買取金額は低くなる傾向があります。

2.オークション・フリマ型在庫処分サイト

最近では「メルカリ」に代表されるようなフリマサイトの成功を受け、業者専用フリマサイトなども登場しています。

フリマサイト以外でも、以前からネット上だけで取引できるオークションやモール型の在庫処分サイトも存在しています。

◎ フリマのメリット

在庫処分サイトへ登録している在庫買取業者と直接取り引きができるため、細かい条件などの設定できることなど、最終的に買取金額が高くなる可能性があります。

✕ フリマのデメリット

自社で売却金額を設定することが多いため、在庫買取の適正な相場観が分からず、適切な業者が査定する金額よりも低い金額で在庫を売却してしまう可能性があります。

また、直接の取引にあたってはサイトへの詳細な在庫商品情報の登録や、売却後の在庫商品移動の手配など、在庫処分担当者の負担はかなり重いものになります。

3.専門型在庫処分サイト

衣料品や服飾雑貨の在庫買取などで多いのが、専門型の在庫処分サイトです。

ブランドタグを切り取ったり、独自のものに付け替えたりすることで、メーカー品やアウトレット品・サンプル品など処分が難しい服飾在庫を、より安全かつ高額で処分できるようなニーズに応えるサイトもあります。

家電在庫買取に特化した中商は、専門買取業者の一例

◎ 専門型のメリット

業界独特の事情に合わせて、ブランド保護・権利トラブルに考慮した在庫処分が可能です。

✕ 専門型のデメリット

衣料品や服飾雑貨在庫の処分に特化しているが故に、トレンドやデザインなどが古いと取引自体ができないことがあります。

また、専門の在庫買取業者は当然だが対象商品以外は買取ができないことが多いため、同じブランドであっても雑貨や家電のコラボ商品は買取できないケースもあります。

4.「キンブル」という選択

在庫処分サイトといっても、様々な形態があり、それぞれメリット・デメリットがあることをお分かり頂けたのではないしょうか。

自社の在庫の買取は、どの形態がマッチしそうでしょうか。

そこでもう一つ、在庫買取の選択肢に加えて頂きたいのが弊社「キンブル」への在庫処分です。

日本最大級の規模

「キンブル」は、愛知県下に日本最大級の大型ディスカウントショップを4店舗展開しております。全て直営・自社運営の店舗により、大量販売を実現しております。

そのため仲介がメインの在庫処分サイトとは異なり、自社直販による好条件で在庫買取・在庫処分が可能です。

取り扱い商品の広さ

また、「なんでも買います」の看板に代表される取扱商品の幅広さから、各商材の専門のバイヤーが御社の在庫を査定・買取いたしますので、他社では断られたり評価がされにくかった商品でもご安心ください。

売れるものでしたら積極的に買取いたしますので、流行遅れや様々な理由により死蔵されていたアパレル在庫でも新品であれば買取できます。

テレビ取材の実績多数

多数の法人買取依頼から店舗は豊富な品ぞろえを誇り、大変多数のお客様から熱いご支持を頂いております。その活況ぶりから日本最大級の大型リサイクルショップとして東京キー局のテレビ取材も多数実績あります。

商品の品揃えで集客していることから、チラシ・広告を一切行っておりません。メーカーやブランドの安売りの情報が出回ることがなく、シークレットマーケットのように在庫処分することが可能となっています。

法人在庫買取のご相談はお気軽に

在庫の処分でお困りの法人様、まずはお気軽に「キンブル」まで、お問い合わせください。

法人買取の詳細はこちら

在庫買取ならキンブル
365日・朝10:00~夜22:00まで受付中!!
見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化

お問合せはこちら