倒産前後!在庫処分はどうする?

「資金繰りがいよいよ厳しい」

「このままでは不渡りが出そうだ」

「特殊な商材なので換金方法に困っている」

倒産前後で在庫の処分方法をお困りの方もいらっしゃるかと思います。

処分セールを行う

正直、かなり切迫した状況では自社でのセールだけでは現金化することは限界があると思います。
また状況が差し迫ったものであればあるほど、値引き額は大きなものになりますが、そういった店頭の雰囲気は自然にお客様や取引先にも伝わるもの…。
こうした状況を免れたとしても、一度ついた印象を払拭するのは非常に困難です。

ヤフオクやメルカリで売る

換金性が高い処分方法として、ヤフオクなどのネットオークションやメルカリなどのフリマアプリも候補に上がるかと思います。
しかし大量のまとまった量の商品をヤフオクで売る場合、買い手が付かないことが多く、不慣れなネット上での取引で手間ばかりかかってしまうことも少なくありません。
またメルカリは法人の出品を禁止しており、出品後にアカウント停止、売上金がすぐに入金できない可能性もあることを理解する必要があります。

自社処分ではなくキンブルという選択

愛知県下に4店舗展開する自社運営のディスカウントショップにより、大量販売を実現。仲介がメインの在庫処分サービス他社とは異なり、自社直販のため、好条件で買取・処分が可能です。

その店舗の活況ぶりは、東京キー局のテレビ取材も多数実績あり。
創業71年の実績で、地域のお客様から大変支持をいただいております。
また、チラシ・広告を一切行わないため、メーカーやブランドの安売りの情報が出回ることがなく、シークレットマーケット的に処分することが可能です。

まずはお気軽に「キンブル」まで、お問い合わせください。

倒産後の破産管財人の方からのお問い合わせも承っております。

買取事例一覧へ戻る
在庫買取のお問い合わせはこちら ⬇︎ TEL.0561-76-1450
メーカー様・問屋様様・小売店様のお困りに、柔軟に対応いたします。
どんなご相談でも構いません!見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化
メールで問合せ