食品在庫は賞味期限が難問

食品を扱っている業者様を悩ませるのが、なんといっても「賞味期限」ではないでしょうか?

一般的な商品には賞味期限や消費期限はないため、1年・2年、中には10年保管なんという商品もあったりしますが、食品の場合はそうもいきません。

では賞味期限が刻一刻と迫ってくる食品在庫の扱いは、どうしたらよいでしょうか?

1.適切な仕入れ

なんといっても「売れるものを売れるだけ」仕入れることが重要です。
前年・前週・直前の販売実績から、仕入れる数を見極めることができれば、不良在庫になることはないでしょう。
しかし、現実的には中小小売業ではPOS管理ができていても、発注数は現場の判断に委ねざるをえず、人間的判断でどうしてもブレが出てしまいます。

2.タイムリーな在庫管理

最新のAIを使った仕入れシステムでも、精度は80-90%と100%ではありません。
そうなると、最後は日々の実際の在庫の消化状況を把握し、適切に対応することが重要になってきます。しかし、店舗において大量の商品すべてを適切に把握することは困難です。
また、本部一括発注などで大量に入荷した商品について、本部の指示を待っている間に、どんどん消化率が悪くなっていくこともあるでしょう。
もしくは利益率を確保できているセール品を優先して販売せざるを得ない現場・経営的な判断もあるかもしれません。

3.店舗イメージとの調整

こうして賞味期限が迫った商品が大量にあることが顕在化しても、実際には店頭に並べることをためらうケースも多いのではないでしょうか。
それは賞味期限がギリギリまで迫った商品を大量に陳列していることによる店のイメージへの影響が懸念されるからです。
また、ブランドイメージがある大手食品については、メーカーサイドからもあまり良い顔はされず、次回の仕入れ条件悪化への影響も心配です。

こういった状況を踏まえ、賞味期限が迫った食品在庫の処分に、キンブルを選ばれるお客様が増えています。

キンブルでは食品の買取を行っています。
消費期限が迫った商品でも買取致しますので、ぜひ一度ご相談ください。

食品買取の事例はこちら


買取事例一覧へ戻る
在庫買取のお問い合わせはこちら ⬇︎ TEL.0561-76-1450
メーカー様・問屋様様・小売店様のお困りに、柔軟に対応いたします。
どんなご相談でも構いません!見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化
メールで問合せ