在庫換金は早めが勝負

破産前に在庫換金

経営努力も虚しく、事業を続けていくことが困難になった場合、他の事業は継続したり債権者がいない場合には閉店・閉業として残った在庫を処分していくことになりますが、事業そのものが立ち行かなくなった場合には、破産申請を行い、弁護士から任命される破産管財人の管理の元、商品を現金化し、債権者への返済に当てることになります。

破産管財人の手続き開始まで時間がかかる

倒産・破産の場合は、通常は破産管財人によって資産の換金が行われますが、対象となる商品によっては、その手続きを待っていると遅々として換金が進まず、商品価値が減損、債権者への返済額が大きく目減りしてしまうこともあります。

破産申請時にあった価値がゼロになる商品も

例えば、食品やトレンドの商品を扱っているケースです。
破産申請を行い、資産の保全措置が取られた後、弁護士を通じて破産管財人に資産目録が引き継がれ、現金化していく手続きは、早くても2,3ヶ月はかかります。そのため、食品など消費期限が設けられている商品については、手続きが始まるまでに期限を過ぎてしまい、価値がゼロになってしまうのです。
トレンド・流行の商品も同様に、手続きが始まる頃にはブームが過ぎていれば、当然業者の買取価格も相応に値下がりしたものになってしまうでしょう。

このように、破産・倒産となることが明らかになった時点で、早めに商品在庫だけは換金しておくことが、とても重要になります。

破産申請中が最後のチャンス

破産申請中の間に、ギリギリのタイミングで在庫を換金してしまいましょう。
その上で残ったものを資産台帳に載せ、保全、破産管財人の手続きを待つことになります。

キンブルがスピード買取で対処します

経営者の方、申請の対応に当たられる弁護士様からの依頼があれば、即日対応可能です。
120坪程度のスーパーマーケット閉店のケースでも、迅速に対応し1日で商品引き上げ・換金までお手伝いさせていただきました。
食品メインでしたので、本来の手続きであれば廃棄されていた生鮮食品も、少なからずお値段をおつけすることができました。

食品や消費期限のある商品を取扱のメーカー様・小売店様、閉業で差し迫った状況ではありますが、1円でも換金することが重要ですので、ぜひ一度キンブルまで、ご相談ください。

キンブルの法人買取はこちら

買取事例一覧へ戻る
在庫買取のお問い合わせはこちら ⬇︎ TEL.0561-76-1450
メーカー様・問屋様様・小売店様のお困りに、柔軟に対応いたします。
どんなご相談でも構いません!見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化
メールで問合せ