お酒の品揃え維持に欠かせない在庫処分の方法とは

お酒の在庫処分方法とは

通の好みに応えるため、酒屋さんに求められるのは品揃えの多さではないでしょうか?
「こんな珍しい酒がある…」
そんな一本との出会いの瞬間こそ、酒好きの心を動かすものです。
そんな少品種・多商品展開が基本のお酒の販売。
一方でいつまでも売れないお酒は入れ替えを検討しなければなりません。
そんなお酒の在庫処分はどのように行ったら良いでしょうか?

自社での値引きはリスク多し!

最初に考えるが自社での値引き・セール販売です。
お酒は品揃えが豊富なこだわりのお店は特に定価販売が基本です。
売れ行きが良くない、消費期限が迫ってきた、商品を入れ替えたい、と様々な思惑でお酒を処分する際には、「値段を安くして売ろう」と考えるものです。

しかし、セール販売にはデメリットも多くあります。

  • セール品が売れることで、プロパー(定価)の商品の販売機会損失
  • 顧客がセール価格になるまで購入しないようになる
  • 割引をしても販売コストは変わらないので赤字になることがある

また、そもそも自社の顧客に売れない商品を、値引きしたからといってすぐ売れるものでもありません。また、プロパーの商品とセール商品と管理するのも非常に煩雑になるでしょう。

ネット販売には法規制も

今やスマホ1台あれば誰でも商品を販売できる時代になりました。
しかし、お酒に関しては酒類販売免許によって、ネット販売=通信販売に関しては制限があります。通信販売酒類免許を取得していないと、法人はお酒をネットで販売することができないのです。また、販売できる酒類も地酒や洋酒に限定されますので、大手メーカー品については販売することができません。
※ただし、平成元年以前の酒販免許をお持ちであれば、この制限はありません。

酒類の買取業者とは

食品の買取は馴染みがないかもしれませんが、最近ではお酒の買取業者も増えています。主に洋酒を中心に買取を行っており、古酒やプレミアのついたものは非常に高額で取引されています。

しかし、日本酒や焼酎・ビールなど、より庶民的なお酒になると、買取する業者は非常に限られてきます。また、買取業者自体も酒販の免許を取得している必要があり、一般的なリサイクルショップでは買取することができません。

キンブルという選択肢

「なんでも買います」の看板を掲げ、リサイクルショップの一面も併せ持つ店舗には、食品を中心に雑貨・家電・家具・玩具などありとあらゆる商品が並びます。そして、お酒の販売・買取ももちろん取り扱っています。

愛知県下に大型ディスカウントショップを4店舗展開するキンブルをご存知でしょうか?

平日も駐車場が満車になる程地元のお客様に愛されている店舗だからこそ、少品種・多商品の買取でも大歓迎です。

創業71年、酒販免許もあり、安心してお酒の在庫処分をおまかせいただけると思います。

まずはお気軽にお問い合わせください。

買取事例一覧へ戻る
在庫買取のお問い合わせはこちら ⬇︎ TEL.0561-76-1450
メーカー様・問屋様様・小売店様のお困りに、柔軟に対応いたします。
どんなご相談でも構いません!見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化
メールで問合せ