アイス在庫買取
アイスクリーム在庫買取できます

アイスクリームの在庫処分でお困りの問屋様・店舗様、キンブルがそのアイス買取いたします。全国対応・即現金化。アイスクリームの在庫買取ならキンブルへ。

アイスクリーム販売の悩み

夏の暑い季節につい食べたくなるのがアイスクリーム。
また冬でもクリスマスアイスケーキに代表されるように温かい部屋やコタツに潜って食べるアイスもまた、格別ですね。

そんな夏だけではないアイスクリームの販売チャンスに合わせて、メーカー各社は新製品を市場に次々と投下しています。

夏はサイダーやシャーベットの柑橘系などの比較的さっぱりした味が、冬は抹茶や濃厚クリームといった濃い味付けが好まれるように、四季に合わせた様々なテイストの新商品が提案されます。

定番商品であっても季節のフルーツを題材にした限定商品が発売され、ユーザーの舌を楽しませています。

そんな季節に合わせた商品投下は、店舗からするとありがたい反面、仕入れ担当者としてはリスクでもあります。

「仕入れたけど売れなかったら?」
「仕入れを絞ったらすぐに売り切れてしまった」

適切な仕入れ量をコントロールすることは非常に難しいものです。

アイスクリームの処分方法

比較的賞味期限が長い商材ながら、店舗内における冷凍ケースの容量には限りがあり、常温のドライ商品のようにワゴンセールもできません。いかに回転率の低い商品を減らし、新商品を適時適量投下できるかどうかが、冷凍食品の売上・利益の最大化のポイントなのです。

定番商品はともかく、季節限定商品についてはセールで値下げして販売を行うなど、適切なタイミングで処分する必要があります。

店舗においては冷凍ケースの容量は限られており、不良在庫のために新商品が投入できないという事態は避けなければなりません。

小売店であれば自店舗でのセールで売り切ることも比較的容易ですが、問屋・メーカー、本部倉庫ともなると問題解決は容易ではありません。

アイスクリームは買取できる

フードロス問題が叫ばれる日本国内ですが、アイスクリームについては残念ながら廃棄処分されてしまうことが多いのが実情です。

そもそもアイスクリームは保管に冷凍保存できる環境が必要であり、溶けてしまうと液体となるため、廃棄する他ないと考えられているからです。

通常の食品在庫であれば廃棄であっても飼料化できるため、比較的処分コストは安価に抑えられますが、液体にあたるアイスクリームの処分費用は単純処分となりますので高額になりがちです。

では廃棄処分以外の方法はないのでしょうか?

実は「キンブル」ではアイスクリームの買取も、行っております。

買取対象のアイス

いわゆる「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」といった種類を問わず、アイスクリーム在庫が可能です。

保存状態はケース・単品問いません。

ロットがまとまれば関東~関西エリアへの出張買取による現地引き上げも可能です。

買取事例)2020年4月 アイスクリーム 2,100ケース(約40,000点)/ 千葉県
※10tトラックで買取させていただきました。

アイスクリームの買取はキンブルへ

キンブル小牧

キンブルでは愛知県下に大型4店舗・全店に冷凍保管庫を完備し、大量のアイスクリームの買取に対応しております。

過剰在庫・不稼働在庫の現金化、閉店に伴う大量処分など、アイスクリームの在庫処分でお困りの法人様いらっしゃいましたら、キンブルへぜひご相談ください。

閉店や倒産に伴う精算の場合、アイスクリームの在庫だけでなくフリーザー什器の買取も可能です。

法人買取の詳細はこちら

在庫買取ならキンブル
365日・朝10:00~夜22:00まで受付中!!
見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化

お問合せはこちら