せどり失敗商品の買取

せどり在庫処分

最近、Amazonなどで「せどり」と呼ばれる転売が非常に活況です。

「せどり」とは?

「せどり」とは、小売店店頭で希少性の高い商品を探し出し、プレミア価格でAmazonやメルカリなどのECサイトに出品、利益を得る転売の一種です。

最近ではメルカリなどネット上に出品された商品でも相場よりも安価に出品されているものを購入し、ヤフオクなどマニアが多い別のECサイトへ出品する「ネットせどり」といった形態も出現しています。

「せどり」の語源

「せどり」は知らない方には聞き慣れない言葉でしょう。

語源は元々、Amazonのマーケットプレイスへ本を出品するために、ブックオフなど大手古書店の店頭へ赴き、本棚の背表紙のタイトルだけをみて職人的に価値のある本を抜き取る様子から、

「背(表紙)」を見て「取る」=「せどり」

と呼ばれるようになりました。

「転売」と「せどり」の違い

通常の「転売」は、限定品など希少性の高い商品を買い占めることから一部で問題になっています。

本来であれば本当に欲しているユーザーが購入できるはずの商品を、転売行為により一部の人間によって買い占められてしまい、不当に高い金額で購入せざるをえないためです。

しかし「せどり」については

『店頭で埋もれている商品にスポットライトを当て、欲している人に繋げる』

という点で、趣が異なると言えるでしょう。

限られた地域のユーザーしか訪問することができず、商品がその店舗にあるかどうかも分からない店舗販売に対して、ネット上での販売は全国、場合によっては全世界のユーザーが、その貴重な品物を購入することができるからです。

「せどり」のシステム化

先述のとおり、語源となったような黎明金の「せどり」は、タイトルだけで価値を見極める必要があり、古書や専門書に精通したある種の「専門家」にしか行えない仕事でした。

しかし現在ではシステム化が進み、スマホアプリなどでも多数の「せどりアプリ」がリリースされています。

このせどりアプリは、様々なECサイトの相場や販売状況・実績を、バーコードや名称などで横断検索し、店頭価格との差額に対していくら利益が出るか、瞬時に判別するものです。

こういったせどりアプリの登場により、従来の古書や専門書以外でも「せどり」が可能となり、おもちゃや家電製品などでも「せどり」が行われるようになりました。

しかし経験や専用アプリなどのツールにより、利益獲得の成功率は高まっていますが、あくまで「過去に売れたデータ」に対して「今、目の前にある商品価格」との差額を狙うものですから、過去に売れたタイミングや商品売買の背景次第では、同じ価格で売れないこともあります。

個人所得を超えるとリスクも増大

確定申告の必要のない個人所得の範囲(20万円)であれば、投資できる在庫金額も少なく、1点ずつしっかり売っていくことで失敗する率や損額も最低限で押さえられると思います。

しかし確定申告をしっかりと行う個人事業主の取扱レベルになると、在庫を抱えることになり、必ずしも以前仕入れた商品が常に売れているという状況にはならないこともあります。

せどり資金に余裕を

限られた資金で利益を出していく必要がある「せどり」において、在庫が不良在庫となることは、まさしく「死蔵」で、次のせどり商品を購入・仕入する資金に1円でも余裕があった方が、間違いなく効果的です。

また、個人事業主のせどりに関しては、在庫処分に際して十分なリソースが確保できないことが多いでしょう。一人か親族で運営し、通常の商品の仕入から注文に対する発送業務まで全てこなす中で、不良在庫への対応は余裕がないことが多いでしょう。

キンブルへご相談ください

せどりの不良在庫でお困りの個人事業主の皆様、キンブルへご相談してはいかがでしょうか。

キンブルでは不良在庫を買取させていただきます。

実家や倉庫に眠っている不要な在庫、Amazon在庫処分にお困りなら、是非一度キンブルへお問い合わせください。

創業71年、年間300万人が訪れる日本最大級のディスカウントショップ「キンブル」へ、お任せください。

法人買取の詳細はこちら

買取事例一覧へ戻る