FBA在庫の処分、お手伝いします

在庫処分サイト

せどりや商品転売の際にビジネスのスケールを一気に広げることができるのが、amazonのFBAサービスではないでしょうか。

Amazon FBAとは?

AmazonFBAサービスとは、商品在庫をAmazonの倉庫に納品するだけで、後は受注・代金回収・商品梱包・発送・顧客対応など、ほとんど全ての対応をAmazonが行ってくれるサービスのことです。

また、FBAを利用すると「Prime発送」の扱いとなります。
これにより当日~翌日の最短発送が可能になる他、日時指定便などスピードかつフレキシブルな発送への対応が可能となり、利用者の購買率が上昇します。

一言でいうと、

「商品をAmazonの倉庫で送るだけでお金が入ってくる仕組み」

といっても過言ではないのではないでしょう。

小規模事業者こそメリットが多い

商品をAmazonに送るだけですから、一人もしくは少人数で運営していることが多い「せどり」や「転売」を行う個人事業主や小規模法人にとっては、とても魅力的なサービスと言えます。

それは、せどりや転売においてもっとも重要な「商品仕入」に時間や人員といったリソースを集中させることができるから、です。

【自分達で仕入れから発送まで行う場合】
・午前中に問い合わせへの回答、受注商品のピッキングから梱包を進める
・午後に受注を締め切り、商品の発送を手配する
・夕方から夜にかけて、商品の仕入れのため外回り
・夜間に商品をAmazonに登録、保管場所に商品を移動
・増加する商品を保管する場所や家賃に頭を悩ませる
・少しでも安い発送方法を商品ごとに考える

【FBAを利用する場合】
・商品の簡単な問い合わせはAmazon任せ。
・商品の受注・発送もAmazonが行うので、前日分のデータを確認するだけ。
・午前中から商品仕入れ。朝一で店頭に並ぶレア商品仕入れに成功。
・遠方にも出かけ、仕入れ商圏が広がる。
・夕方に戻り、FBA納品作業。一括でまとめて納品できるので効率的。
・保管料は1点ずつ容積分払うだけなので、保管スペースの心配なし。
・発送の送料も格安。

少人数で仕入から販売、受注後の商品梱包から発送まで手配することは大きな負担となります。

商品の目利きが命の「せどり」や「転売」において、仕入に時間を裂き、儲かる商品を仕入れることに時間を費やせば費やすほど、魅力的な商品と出会う確率も上がります。

通常では仕入れた商品に比例して、受注や発送の作業も雪だるま式に増えるため、規模の拡大は困難になってきます。

また、近年人手不足を理由に高騰し続ける配送料も、FBAでは格安と言える料金です。安い配送方法を模索し、使い分け、それぞれの配送業者へ引き渡す手間だけでも、FBAは魅力と言えるかもしれません。

そんな問題を一気に解決できるAmazon FBAは、小規模事業者にとって、理想の形の一つと言えます。

手数料や税金を忘れがち

「せどり」や「転売」を行っていると、毎月の「仕入額」とFBAの手数料から差し引かれた「入金額」ばかりに注目しがちです。

また、このように便利なFBAでも、「在庫保管手数料」という保管コストが発生します。

売上からFBA手数料を差し引かれて入金される金額の中には、在庫品の保管コストが差し引かれています。

入金額が少ないな、と気づくころには、以前仕入れた商品が思ったよりも売れていなかったり、競争が激しくなって利益率が落ちているなどにより、Amazonの手数料の内訳が高額になっていることもあります。

そして確定申告の際には年末や期末の在庫金額を報告する必要があります。

仕入れた在庫金額が多いと、売上利益額が確定申告上の利益額が多くなることになり、税金を多く支払うことにもなります。

FBAの不良在庫の処分方法

ではFBAに一度送った商品の処分はどのように行うと良いのでしょうか。

・Amazonに廃棄を依頼する
・Amazonへ返送依頼を行う

Amazonに商品の廃棄を依頼することが可能です。
廃棄費用は1点辺り10円と、非常に格安です。

もう一つの選択肢は、Amazonへ返送依頼を行う方法です。
こちらも1点辺り51円と非常に安価で返送が可能です。

参照)FBA在庫の返送/所有権の放棄

しかし大量に不良在庫を手元に返送されても保管場所もなければ処分するリソースもない、という方も多いのではないでしょうか。
そのため泣く泣く10円を支払って廃棄、という選択を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。

キンブルへご相談ください

法人・個人事業主の皆様、キンブルではAmazon FBAの不良在庫を買取させていただきます。

処分のリソースがない、保管場所がないなどで処分していた商品について、是非一度キンブルへお問い合わせください。

創業71年、年間300万人が訪れる日本最大級のディスカウントショップ「キンブル」へ、お任せください。

法人買取の詳細はこちら



買取事例一覧へ戻る