ノンアルコール飲料 在庫買取

ノンアルコール飲料各種、余剰となった在庫ございましたらキンブルが即現金化でお手伝いいたします。全国対応・即現金化。ノンアルコール飲料の不良在庫処分・余剰在庫の換金はキンブルへ。

緊急事態やまん防が直撃

たびたび猛威を奮う新型コロナウィルス。感染者数が増加する度に発令される緊急事態宣言ならびにまん延防止等重点措置に、小売店や飲食店では頭を悩ませています。

営業時間の短縮や休業要請など、緊急事態宣言下では様々な制限を受けますが、中でも影響が大きいのが、酒類の提供禁止ではないでしょうか。

飲食店の経営においては、夜間の酒類は死活問題です。なぜならば酒類を提供することによって、飲食店は様々な恩恵を受けることができるからです。

客単価の上昇

食事のみの提供金額に対して酒類を提供することで、1.5~2倍の一人当たりの客売上単価(客単価)を上昇させることができます。

滞在時間を延ばせる

酒類を提供することで、話が盛り上がり、店内の滞在時間を引き伸ばすことができます。自然に追加の酒類や食事の注文が入るため、客単価の上昇につながります。

そもそも利益率が高い

食事の提供には仕込みから調理、最後の盛り付けまで非常に手間がかかります。
一方で酒類の提供は凝ったカクテルではない限り、グラスに注ぐだけですから食事と比べれば非常に簡単で、経験を積んでいないアルバイトスタッフでも提供することができます。また店舗における販売価格においては高い利益率が設定されており、儲かりやすい商品であることは言うまでもありません。

しかし緊急事態宣言下やまん延等防止措置の対象エリアにおいては、「夜8時までの時短営業」により滞在時間がピークタイムである9時を迎えずに閉店されることに加え、「酒類の提供禁止」ともなれば利益も獲得できず、店舗の運営の歯車は全く噛み合わないと言えます。

ノンアルコール飲料の需要が高まる

休業を選択できない店舗は苦肉の策としてノンアルコール飲料のメニューを充実させることで少しでも売上・利益を伸ばそうとする動きが見られます。

遡ること20xx年の飲酒運転の罰則強化の流れを受け本格化したノンアルコール飲料は、近年、主力のビール以外にも多種多様なジャンルの商品が開発・販売されています。

一方で一般的な居酒屋などではノンアルコールビール以外の品揃えはほとんど置いていない店が大半でしたが、ここにきて一気に拡充する動きが広がっています。

ノンアルコール飲料の主な種類

  • ビール
  • ワイン
  • 梅酒

メーカーもノンアル新商品を続々投下

こうした状況を受け、メーカーも新たなノンアルコール飲料の商品を開発し、市場に続々と投下しています。

ビールでは特にノンアルコール・ノンカロリーのいわゆる「ゼロ・ゼロ」商品の開発競争が激化。各社技術を競って日々新しい商品が開発されています。

増えるノンアル在庫への懸念

このように盛り上がりを見せるノンアルコール飲料ですが、必ずしも品揃えやレパートリーが増えたからといって全てが好調に売れるわけではありません。

取り扱う商品が増えれば、単品ごとの鮮度管理・商品回転率の管理の手間も増えていきます。

「気づけば売れないノンアルコール商品の在庫を多数、抱えてしまった」

「メーカーの売り込みで仕入れてみたが、全く売れなかった」

そんな不良在庫・余剰在庫となったノンアルコール飲料がございましたら、ぜひキンブルへご相談ください。

キンブルという選択

ノンアルコール商品の在庫処分方法はずばり「キンブル」がオススメです。

愛知県下に大型4店舗ディスカウント&リサイクルショップを展開し、連日大変多数のお客様にもご来店いただいております。

一般的なディスカウントストアとは異なり、リサイクルショップという側面も併せ持つため、小ロット・多品目での在庫買取のご相談も承ります。
(もちろん、大量処分も可能です)

また店舗においてはチラシや広告など一切行っておりませんので、コラボ商品の処分の際でも、その販売が広く周知されることはありません。シークレットマーケット的に処分が可能です。

ノンアルコール商品の在庫買取・在庫処分は、キンブルの在庫買取サービスをぜひご検討ください。

在庫買取ならキンブル
365日・朝10:00~夜22:00まで受付中!!
見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化

お問合せはこちら