敷きパッド買取

敷きパッド買取

キンブルでは敷きパッドの在庫買取いたします。
全国対応・即現金化。敷きパッドの在庫買取はキンブルへご相談ください。

気候による販売不振

今年は冷夏と言われています。
去年の7月は気温が連日30度を超えて、猛暑でしたが、今年は一転して20度前半の気温が続いており、冷夏と言えるでしょう。

こうした状況で売れ行きが伸び悩んでいる商品の一つに、冷感敷きパッドがあります。

気温が25度を超える熱帯夜に、クーラーが苦手・なるべく電気代を抑えたいと言った方々に支持を集める冷感寝具である冷感敷きパッドですが、そもそも熱帯夜になりませんので、全く売れません。

冷感敷きパッドについては梅雨明け・八月以降の気温にも左右されるところですが、7月分の売上が取り戻せるものではありません。

特にメーカーは前年までの売上実績に基づいて原材料を仕入れる準備を数ヶ月前〜1年前から進めており、7月の壊滅的な売上に対して、在庫や原材料が過剰になっている状況です。

冬季は寝具の売上ピークだが

冷夏で苦戦する敷きパッドですが、売上のピークは暖かさを必要とする冬季です。

しかし大手家具チェーンが安価な寝具を提供されたり、暖房機器の進化なども伴って、過去と比べ素材のしっかりした物は嫌煙される傾向にあり、高額なものは多機能化が進み、高い開発力・資金力が求められるようになってきました。

有名寝具グループでも、経営効率化・商品開発力強化のため、枠組みを見直す動きが出るなど、旧来の寝具の進め方だけでは生き残ってはいけない厳しい状況です。

敷きパッドについても従来の毛布で品質がよければ良い・品質は劣るが安ければ良い、という商品は売れなくなりました。安くても高保温性を唄う商品が大手家具チェーン・ショッピングセンターなどで開発・販売が競争を激化しているからです。

夏・冬と競争が激しくなった昨今、今年の夏のように販売不振が直撃すれば、経営が揺らぎかねません。

また、問屋・小売店としても、高機能化による商品の差別化・多様化は、細かい在庫を抱えるリスクを伴います。

余剰在庫はキンブルへ

様々な事情で余剰になった敷きパッド・寝具の在庫がございましたら、キンブルへお売りください。

キンブルでは大型4店舗の運営・大型倉庫を保有していることから、在庫スペースを必要とする敷きパッドや寝具の在庫買取も可能です。

関東から関西エリアは日々買取のトラックが移動しており、買取は全国対応。
自社便・チャーター便など、大量の在庫の移動もお任せください。

敷きパッド・寝具の買取でお困りの法人様いらっしゃいましたら、ぜひ一度キンブル へご相談ください。

買取事例一覧へ戻る
法人買取のお問い合わせはこちら ⬇︎ TEL.0561-76-1450
メーカー様・小売店様・個人事業主様ならではのお困りに、柔軟に対応いたします。
どんなご相談でも構いません!見積もり無料です。まずはお電話を。
法人買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化
詳細はこちら