ホテル旅館備品買取
ホテル・旅館備品を買取で現金化

休業や廃業・リニューアルで不要となったホテル・旅館の備品各種を買取致します。全国対応・即現金化。ホテル備品の処分・買取なら、キンブルへご相談ください。

旅館業に逆境が相次ぐ

新型コロナウィルスの感染抑制のため、3月以降の入国規制・旅行自粛、4月からの緊急事態宣言に基づく不要不急の外出の自粛や都道府県外への移動自粛など、大幅な移動制限が続く我が国・日本。

その中でも大きな影響を受けているのが、旅館業であるホテルや旅館です。

去年の韓国との関係悪化により韓国からの訪日客が減少していたことに加え、もっとも多かった中国からの訪問客がゼロに。さらには日本人の旅行もNGとなっては、もはや打つ手なし、です。

倒産・破産が令和2年3月以降急増

2020年のゴールデンウィークは「STAY HOME週間」と名付けられ、遠方への旅行を控え、自宅に居ることを推奨するなど、コロナ抑制のための国民全員での協力が求められている中、旅館業は事実上、休業以外の選択ができない状況となってしまいました。

これらの結果、インバウンド客を中心に格安での宿泊サービスを提供してきた中では、倒産・破産も相次いでいます。

高級ホテルリゾート運営で知られる「星野リゾート」も、星野佳路代表自ら投稿する社内ブログで4月以降 “倒産確率” を発表しているとのこと。予約状況については7,8月には回復したことに合わせて倒産確率は下がったそうですが、超優良大手企業であっても危機的な状況にあることは変わらないようです。

GO TOキャンペーン

日本政府は2020年8月から旅行代金を補填する「Go To トラベルキャンペーン」を実施すると発表しました。

このキャンペーンは、旅行代の半額・最大2万円を還元するもので、いわゆるツアーだけでなく、宿泊のみでも対象になることから、コロナで大打撃を受けた旅館業・旅行業界から期待が寄せられています。

パッケージツアー旅行代金・宿泊費日帰り最大1万円補助
パッケージツアー旅行代金・宿泊費1泊〜最大2万円補助
個人旅行宿泊代金日帰り最大1万円補助
個人旅行宿泊代金1泊〜最大2万円補助

個人の場合は交通費に相当する分が対象外となるので注意が必要です。

また、最大2万円の補助については、

  • 最大7割が割引
  • 最大3割が地域共通クーポン

として付与されますので、「旅行代が単純に半額になる」訳ではありません。

しかし旅行に行けば現地でお土産やサービスを受けるので、クーポンでの還元でも問題はないかと思います。

一方でコロナの感染防止と開始までの準備(実際にクーポンをどのような形で配布するか、対象店舗・施設の申請手続きなど)の都合で、実施は令和2年10月以降となりました。

GOTOキャンペーンについては東京が当初除外され(10/1以降は対象)、コロナ感染拡大への懸念など賛否両論ありましたが、既に420万人の利用があり、感染状況が落ち着きを見せる中、一定の効果が期待できそうではありますが、還元額が高くなる高額宿に利用が集中しているとの批判もあり、今後の動向が注目されます。

参考)GoToトラベル利用実績は420万人泊、マイカー利用近場旅行が中心、事業者登録は6割の水準へ – トラベルボイス(外部サイト

GoToトラベル停止

しかし12月に入って新規コロナ感染者数が急増。
政府は”GoToトラベルと感染拡大のエビデンスはない”とギリギリまで継続する姿勢でしたが、分科会の意見と世論に押し切られて遂に12/14、12/28~1/14までの間のGoToトラベル一時停止を決定しました。

1/4以降、GoToトラベルの今後の扱いについて表明するとしていますが、1/2には東京都を含む1都3県の知事が合同で緊急事態宣言の発出を政府に申し入れるなど緊迫した医療体制の状況で、旅行を楽しむという施策の再開は困難だと言えます。。。

参照)新型コロナ 菅首相 緊急事態宣言の検討表明 1都3県今週中にも – NHK(外部サイト

第3波で増える自主閉業

第3波とGoToトラベル停止、1都3県の緊急事態宣言発令と再びホテル・旅館業は大きなダメージを受けることとなり、3月末での営業終了を発表する企業が現れ始めました。

愛知県の複合リゾート施設・ラグーナテンボスは、オープン時から併設していたホテル・温浴施設・カフェの3つの施設をリゾートトラストに売却を発表。
3/31をもって営業を終了すると発表しました。売却先のリゾートトラストは同3施設については解体するとしています。

参照)ラグーナテンボス、3施設が営業終了へ コロナ影響、3月末 – 中日新聞(外部サイト

コロナの影響で閉館したホテル(令和3年1月5日更新)

こうした支援策を待たずしてこの新型コロナウィルスの影響で、資金繰りが尽き倒産・破産となる旅館業が特に3月以降、急増しています。また、倒産ではなく自主廃業・閉業を選択する経営者・法人様も次々と報告されています。

閉業日閉業理由運営会社/ホテル名都道府県
2020/2/21破産株式会社 冨士見荘愛知県
2020/3/6民事再生田村屋旅館福島県
2020/3/9倒産名湯の森ホテルきたふくろう北海道
2002/3/19倒産合同会社おやど(ホテル木曽温泉)長野県
2020/3/23民事再生木村屋旅舘宮城県
2020/3/23破産関西スターリゾート株式会社大阪府
2020/3/26破産星たる三重県
2020/3/30倒産株式会社 奥飛騨薬師のゆ本陣岐阜県
2020/3/30倒産株式会社 原鶴温泉 咸生閣福岡県
2020/3/31破産株式会社 富士屋ホテル茨城県
2020/3/31破産瑞穂商事(武雄センチュリーホテル)佐賀県
2020/3/31倒産株式会社 とみや旅館兵庫県
2020/3/31自主廃業華の湯静岡県
2020/3/31自主廃業グリーンスコーレせきがね鳥取県
2020/3/31自主廃業Marugott Hotel京都府
2020/4/1民事再生有限会社トラベルシリウス(湯原国際観光ホテル「菊之湯」、ゆばらの宿「米屋」など)岡山県
2020/4/6倒産長州観光開発株式会社(萩グランドホテル天空)山口県
2020/4/9倒産まるい商事有限会社(民泊苫小牧ハスカップ)北海道
2020/4/10自主廃業津和野ホテル島根県
2020/4/11破産稲荷山温泉ホテル杏泉閣長野県
2020/4/14自主廃業八戸シーガルビューホテル青森県
2020/4/15破産株式会社安藤(割烹旅館 安藤)鹿児島県
2020/4/17破産あまくさの島(旅館 漁師の郷)熊本県
2020/4/17自主廃業ホテルニューさくら栃木県
2020/4/17自主廃業楓香荘兵庫県
2020/4/21倒産タカダキャッスルホテル新潟県
2020/4/23民事再生WBFホテル&リゾーツ全国
2020/4/24破産泉屋旅館(櫟平ホテル)福島県
2020/4/24破産人吉観光交通株式会社(ホテルアンジェリーク平安)熊本県
2020/4/24破産ファーストキャビン全国
2020/4/25自主廃業広島リッチホテル並木通り広島県
2020/4/29倒産ロイヤルオークホテル滋賀県
2020/4/29自主廃業京都セントラルイン京都府
2020/4/30自主廃業ホテル沼津キャッスル静岡県
2020/4/30自主廃業ホテルアクシアくしきの鹿児島県
2020/4/30破産秋芳観光ホテル秋芳館山口県
2020/4/30倒産内浦の山三ビュウホテル静岡県
2020/4/30自主廃業ホテルシーショア・リゾート兵庫県
2020/4/30倒産プラザホテル寿山口県
2020/5/1倒産鹿角パークホテル秋田県
2020/5/4倒産佐久一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリー長野県
2020/5/6自主廃業カプセルホテル函館北海道
2020/5/6自主廃業函館リッチホテル五稜郭北海道
2020/5/7自主廃業ナインアワーズ京都京都府
2020/5/7倒産ホテル築上館福岡県
2020/5/15破産ホテル山水館大分県
2020/5/19自主廃業割烹旅館 玉川千葉県
2020/5/21破産瑞穂ホテル&リゾーツマネジメント東京都
2020/5/25倒産はちのへゆーゆらんど新八温泉青森県
2020/5/26破産青森国際ホテル青森県
2020/5/31自主廃業ホテル華耀亭鹿児島県
2020/5/31自主廃業奥羽山荘 モリボの里秋田県
2020/5/31自主廃業水月ホテル鴎外荘東京都
2020/5/31自主廃業美幌グランドホテル北海道
2020/5/31自主廃業姫路プラザホテル兵庫県
2020/5/31自主廃業あずまや高原ホテル長野県
2020/5/31自主廃業 ホテル満光園閉館 山形県
2020/5/31自主廃業 ホテルアベスト姫路兵庫県
2020/5/31自主廃業 城ヶ島京急ホテル神奈川県
2020/5/31自主廃業ホテルソガインターナショナル千葉県
2020/5/31自主廃業チヨダホテルナゴヤ愛知県
2020/6/2倒産都城プラザホテル宮崎県
2020/6/2自主廃業ホテル満光園山形県
2020/6/6倒産ホテル三泉閣大分県
2020/6/15自主廃業スターホテル横浜神奈川県
2020/6/16破産三保シーサイドホテル福田家静岡県
2020/6/20自主廃業札幌第一ホテル北海道
2020/6/25破産コスコ イン愛知県
2020/6/26破産うみのホテル中田屋静岡県
2020/6/29自主廃業ホテル パークサイド東京上野東京都
2020/6/30自主廃業レガロホテル広島 広島県
2020/6/30自主廃業 三本松ロイヤルホテル 香川県
2020/6/30自主廃業 鵜の浜ニューホテル 新潟県
2020/6/30自主廃業ホテル夢家 福岡県
2020/6/30自主廃業ホテル平安北海道
2020/6/30自主廃業久山温泉ホテル夢家福岡県
2020/6/30自主廃業ホテル ニューツカモト神奈川県
2020/6/30自主廃業ホテル meet Me神戸元町兵庫県
2020/6/30自主廃業アランヴェールホテル京都京都府
2020/6/30自主廃業四季十楽京都府
2020/7/7実質廃業※佐渡グランドホテル新潟県
2020/7/10自主廃業カプセルホテル B&Sエコキューブ心斎橋大阪府
2020/7/15自主廃業アーヴェストホテル蒲田(東口)東京都
2020/7/15自主廃業アーヴェストホテル大森 東京都
2020/7/15自主廃業グランドデュークホテル滋賀県
2020/7/15自主廃業ビジネスホテル芹川滋賀県
2020/8/12自主廃業別府温泉 ホテル三泉閣大分県
2020/8/25倒産ホテルWBF札幌ノースゲート北海道
2020/8/31自主廃業船橋グランドホテル千葉県
2020/8/31自主廃業シティイン北朝霞埼玉県
2020/8/31自主廃業ホテルセントラル東京東京都
2020/9/1自主廃業コンフォートホテル岡山岡山県
2020/9/18自主閉業グローバルキャビン浜松静岡県
2020/9/19自主廃業the b 六本木東京都
2020/9/22自主廃業ホテルレオパレス名古屋愛知県
2020/9/30自主廃業スターゲイトホテル関西エアポート大阪府
2020/9/30自主廃業豊鉄ターミナルホテル愛知県
2020/9/30自主廃業ホテルサンライン福岡大濠福岡県
2020/9/30自主閉業ホテルWBF東京浅草東京都
2020/9/30自主廃業ホテルWBF心斎橋大阪府
2020/9/30自主廃業ホテルWBF京都四条錦邸京都府
2020/10/13自主廃業㎥ HOSTEL /エムスリーホステル広島県
2020/10/13自主廃業湯ぱらだいす佐倉千葉県
2020/10/14自主廃業休暇村雲仙長崎県
2020/10/15自主廃業ホテルレックス立川東京都
2020/10/31自主廃業ウエスパ椿山青森県
2020/10/31自主廃業ふきみ会館 秋田県
2020/10/31自主廃業ホテル オリエンタルエクスプレス 東京銀座東京都
2020/10/31自主廃業ホテルセブンシーズ銀座東京都
2020/11/10自主廃業関空ジョイテルホテル大阪府
2020/12/20自主廃業枚方クリスタルホテル大阪府
2020/12/24破産ホテルマウントレースイ北海道
2020/12/24破産ゆうばりホテルシューパロ北海道
2020/12/24破産合宿の宿ひまわり北海道
2020/12/30自主廃業ホテルイナホ富山県
2020/12/31自主廃業クラスカ東京都
2021/1/31自主廃業ホテルニューヒロデン広島県
2021/2/28自主廃業スマイルホテル長野長野県
2021/3/31自主廃業亀谷温泉 白樺ハイツ富山県
2021/3/21自主廃業ラグーナヒル愛知県

(帝国データバンク、各地方新聞社、運営会社サイトなどを独自調査で集計。倒産、破産、民事再生、自主閉業は集計時の報道を元に記載しています)

※佐渡グランドホテルは実質的経営者と連絡が取れず再開の目処立たないと報道されました。(参照元:新潟日報

倒産・破産に備えるために

5/6までとされている緊急事態宣言が解除される可能性は低いと言われています。また解除されたとしても依然として感染が続く欧米諸外国からの訪日客受入まではかなりの時間を要すると考えられます。

以前の宿泊需要を取り戻すには1年以上の月日が必要となるでしょう。

こうした厳しい状況の中、手持ちの資産の1円でも多く換金、現金化し、現預金高を増やすことが重要になります。

手持ち資金=キャッシュが多ければ、緊急事態宣言中の休業に伴う費用への補填はもちろん、企業や自治体などからの繋ぎの資金融資を受けられる確率も高くなります。

換金できる資産は様々

ホテル旅館備品買取

倒産で破産管財人による資産の現金化は、建物や売掛金だけでなく、備品などにも及びます。

現金化できる備品は以下のようなものが挙げられます。

  • 家具(ソファ、ベッド、シャンデリアなど)
  • 美術品(絵画、陶芸品、銅像など)
  • イベント装飾品(ロビー用飾り付けなど)
  • 消耗品(アメニティグッズ、未使用の交換用タオルなど)
  • 業務用食材(缶詰、冷凍食材、レトルト食材など)

ホテル・客室には現金化が可能な備品が多数あることが分かります。

例えば以下のような対応策が検討できるかと思います。

  • 思い切って当面の稼働に必要な客室分の資産だけを残し、余剰分は現金化する
  • 消耗品の余剰分を一旦精算する
  • 送迎車などを一旦、現金化する
  • ロビー、客室の美術品などの装飾品を最低限にし、現金化する
  • 業種変更で備品をすべて入れ替える

では備品資産が現金化できることが分かりましたが、具体的にはどのように、どの業者に依頼すれば良いのでしょうか?

ホテル・旅館からの依頼多数実績あり

「なんでも買います」キンブルでは、コロナ不況以前からホテル・旅館様からの備品買取を行っております。リニューアルや閉業の度に備品を買取させていただいておりました。

数百年に一度という未曾有の事態に対応するため、休眠資産・余剰資産を現金買取でご支援させていただきます。

買取事例)

  • 観光ホテルの閉館に伴う備品の売却(京都府)
  • シティホテル閉館に伴う備品の一括処分(大阪府)
  • ビジネスホテル閉館に伴う備品の売却(愛知県)
  • 老舗旅館の閉店に伴う備品・資材の売却/処分(東京都)
  • 地方温泉旅館の業務縮小に伴う備品の買取(岐阜県)

破産管財人の弁護士様からのお問い合わせも承ります。

愛知県下に大型4店舗展開のディスカウント&リサイクルショップ「キンブル」は創業71年、地元愛知のお客様からご指示をいただく人気店です。ご安心してお取引いただけるかと思います。

メディアに取り上げられることも多数、あります。
メディア取材実績はこちら

経済アナリストの森永卓郎氏からも注目いただいております。

こうしたご依頼をされるのが初めての法人様が多いかと思いますが、お気軽にお問い合わせください。

キンブルの法人買取の詳細はこちら

在庫買取ならキンブル
365日・朝10:00~夜22:00まで受付中!!
見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化

お問合せはこちら