除湿機の在庫処分・買取はキンブルへ !全国対応・即現金化

売れ残ってしまった除湿機の処分に悩んでいませんか?

除湿機の買取している業者は限られているため、在庫処分が難しいと考える店舗様も多いです。

在庫処分・在庫買取ならキンブルへご相談ください。

自社店舗や海外ルートなどシークレットマーケットでの処分で解決します。全国対応・即現金化。

除湿機の市場規模は急速に拡大中

除湿機の市場規模は、急速に拡大しているデータがあります。

2023年2~4月の除湿機ジャンルの市場規模は、2022年2〜4月と比較して129%と増えています。

また、平均単価も18,948円と同時期と比べて、112%と増加傾向です。

2024年も同じような増え方をすると、2022年と比べて市場規模が約1.5倍になります。

2023年の暑い夏を経験しているため、2024年はさらに市場規模が拡大する流れになるかもしれません。

参考:国内3大ECモールの除湿機市場規模は、129%で急速に拡大!

世界的に除湿機の需要が高まる

日本だけではなく、世界的にも除湿機の需要が上昇傾向です。

というのも、より健康的な室内環境を整えることを、多くの消費者が求めるようになってきました。

それに伴い、バクテリアやカビの繁殖を防ぐために、空気中の水分量をコントロールできる除湿機が注目されています。

また、家庭用の除湿機だけではなく、病院・学校・ショッピングモールなどの商業施設でも除湿機の導入が進んでいるのが市場を後押ししています。

エネルギー効率の高い除湿機は、各国政府が策定している厳格なエネルギー効率基準が牽引しているのも除湿機の需要を押し上げている要因です。

参考:除湿機の市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR7.0%で成長予測

除湿機の種類

除湿機の種類について紹介していきます。

除湿機は環境に合った商品を選ぶことが重要です。

除湿機のタイプ

除湿機は主に2つのタイプに分けられます。

  1. 衣類乾燥除湿機
  2. 除湿機

衣類乾燥除湿機は、衣類乾燥を目的とした除湿機です。

除湿機は、部屋の湿度を抑えるために使用する除湿機になります。

現在は、衣類乾燥機能を搭載した除湿機が増えていますが、使用目的に合わせて製品を選ぶ必要があります。

4つの除湿方式

除湿機の除湿方式は4つの種類があります。

  1. コンプレッサー式
  2. デシカント式
  3. ハイブリット式
  4. ベルチェ方式

それぞれ電気代・夏冬の除湿力・本体サイズなどに違いがあります。

ユーザーは、自分の環境にあった除湿機を選ぶ必要があります。

コンプレッサー式の特徴

夏の除湿には強いが、冬の除湿には弱い。

本体サイズは大きめ。

デシカント式の特徴

夏だけではなく、冬の除湿も可能。

ただ、室内の温度が高くなってしまうため、夏の利用は不向き。

消費電力が大きいので、電気料金が高くなる。

ハイブリット式の特徴

コンプレッサー式とデカント式を組み合わせたタイプ。

夏と冬で使えるが、本体サイズが大きいのと価格が高いのがデメリット。

ベルチェ方式の特徴

除湿能力は低いが、コンパクトなのでクローゼットやシューズボックスなど狭い場所で使いやすい。

部屋全体の除湿には向いていない。

除湿能力

除湿機によって、1日あたりに除去できる水の量が変わります。

また、水を貯められるタンクも除湿機によって大きく違うので、部屋の広さや衣類乾燥に使用するかどうかで、必要な除湿能力が違います。

古い除湿機は在庫処分が難しくなる

除湿機の需要が高くなるにつれて、様々な種類の除湿機が発売されています。

また、使用用途に合わせて除湿機を選ぶ必要があるため、人気のある除湿機とそうでない除湿機も出てきています。

今後は、より高性能な除湿機の発売が予想されるため、古くなった除湿機は在庫処分が難しくなる可能性があるでしょう。

売れる除湿機と売れにくい除湿機を見極めておくことが重要になります。

除湿機の在庫処分方法

売れにくくなってしまった除湿機の不良在庫・余剰在庫。

では、売れ残ってしまった除湿機はどのように処分すれば良いのでしょうか?

1.とにかく自社で大幅値引き

王道の方法とも言えるのが、自社・自店舗での値引き販売です。

しかし、除湿機はあまりにも安すぎると使い勝手が悪いのではないかと思われてしまう可能性があります。

ある程度の値引きと、メーカーやブランドなど、どのような商品なのかしっかりアピールすることが重要です。

古い除湿機でも、部屋の除湿をするだけなら十分な場合もあります。

メリット・デメリットをわかりやすく説明するようにしましょう。

2.廃棄処分

一方で都心部の店舗や中小資本では売り場面積が限られていることもあり、店頭の商品は確実に売れる商品で固めたい、というケースもあるかと思います。

そういった場合には早々に諦めて、在庫を廃棄してしまうのも一つの方法かもしれません。

大抵の場合、廃棄業者から廃棄料金を請求されます。

しかし近年は「サスティナブル」「SDGs」などの声が高まり、企業として大量に廃棄している事実は投資家や消費者からの印象は良くありません。

基本的には、安易な廃棄処分は企業として避けるべきではないでしょうか。

3.買取業者へ依頼

最もオススメなのが、在庫買取業者への依頼です。

自社での大幅な値引きにおいては、通常の商品が売れなくなるといったデメリットが発生します。

また、廃棄処分では高額な廃棄料金の請求を受けるリスクも。

一方で在庫の買取であれば、いずれのリスクもなく、在庫を店舗や倉庫から取り除きかつ現金を回収できます。

間違いなく、最もオススメな方法といえるでしょう。

在庫買取業者を選ぶポイント

では除湿機を在庫買取業者へ買取依頼する場合に、注意するポイントはなんでしょうか?

まとめてみました。

1.自社の地域が対応しているか

そもそもインターネットで検索した場合、上位に表示されているからと言ってすべての業者が全国対応しているとは限りません。

まずは業者が自社の店舗や倉庫が対応エリアかどうかを確認しましょう。

2.自社の商品を取扱しているか

除湿機の種類によっては在庫買取業者が取扱をしていないケースも存在します。

とくにメーカーが不明だったり、古かったりする除湿機については買取を行っていない業者もありますので、必ずチェックしておきましょう。

3.業者の実態は確かか

ホームページではどの在庫買取業者も立派で安心できるイメージを演出していますが、必ずチェックしていただきたいのが、該当業者の本社や倉庫の住所をGoogleマップのストリートビューで確認することです。

在庫買取業者は実態がほとんどないブローカー的な仲介業者が多く存在します。

そういった業者でも、法律(古物営業法や特定商取引法)により住所をホームページ上で公開する義務があり、住所については容易に確認できます。

実際に調べてみると、マンションの一室だったり、小さな賃貸倉庫だったりする場合には、取引を控えた方がよいかもしれません。

4.信頼できる業者か

もう一つ確認する方法が、設立年です。

当然、ここ数年で起業した在庫買取業者は資本力や運営ノウハウに欠け、在庫だけ持って倒産したり、支払が遅れるなどのリスクがあるでしょう。

一方で10年、20年とビジネスしている買取業者であれば、その筋のプロともいえるのではないでしょうか。

前者と比べてすぐに倒産したり支払が遅れるリスクはかなり低くなるでしょう。

また、テレビや新聞・雑誌などの取材を受けている企業は、より信頼度が増すと思います。

キンブルという選択

除湿機の在庫処分方法はずばり「キンブル」がオススメです。

愛知県下に大型4店舗ディスカウント&リサイクルショップを展開し、連日大変多数のお客様にもご来店いただいております。

一般的なディスカウントストアとは異なり、リサイクルショップという側面も併せ持つため、小ロット・多品目での在庫買取のご相談も承ります。
(もちろん、大量処分も可能です)

また店舗においてはチラシや広告など一切行っておりませんので、 除湿機を処分する際でも、その販売が広く周知されることはありません。シークレットマーケット的に処分が可能です。

除湿機の在庫買取・在庫処分は、キンブルの在庫買取サービスをぜひご検討ください。

関連記事)
アパレル在庫買取します | 全国対応・即現金化
雑貨なんでも買取 | 在庫処分ならキンブルへ
食品買取ならキンブルへ 全国対応・即現金化

在庫買取ならキンブル
365日・朝10:00~夜22:00まで受付中!!
見積もり無料です。まずはお問合せ下さい。
在庫買取3つの安心メリット。
  • ❶クローズドマーケット
  • ❷大量在庫買取
  • ❸即現金化

お問合せはこちら